心で見る世界

秘めたる恋心のブログです。日々のつぶやきなど。ちょっとスピリチュアル。

星が降った夜

お互い、ずっと好きでしたの気持ちを伝え合っても、それでも私は片想いだと思っていたし

片想いの私のたった一人の人に話を聞いてもらってる、会ってもらってる。


しばらくはそんな感じでした。

会っても手も繋がない。帰り際、切ないハグを交わすだけ。


でも去年の夏、彼の心を傷ませるある出来事があって、彼は私だけに涙ながらに話してくれました。

あんまり泣くものだから、私は彼の手を腕を、テーブル越しに触れられるだけ触れながら


私はとにかくあなたを愛してる

そう伝えると、


なかなか自分の気持ちを明かしてくれない彼が初めてかな、私への気持ちをストレートに伝えてくれた。

胸を撃ち抜かれました。

身体がポカポカになるほど、ハグの嵐。


その日から、二人の気持ちはどんどん、誤魔化しが効かなくなる。


不倫にはしない。そう、確認しあってたのに。

心に作った私の塀が崩れてしまったのでした。

彼に愛されるはずがない。

そう信じ込ませていた何かがなくなってしまったんだ。